Xperia Z Ultra SIMロック解除方法

2016年3月に Xperia Z Ultra のSIMロック解除を行ったときの忘備録
SIMロック解除難易度 ★★★★★ (最高) おサイフケータイが使えなくてよければ★★★

  • おサイフケータイを使わなければ香港版のファームを焼いて一発終了。しかもAndroid5.1.1でサクサクッ!
    IMG_0131.JPG IMG_0132.JPG IMG_0133.JPG IMG_0134.JPG
  • すでにXperia Z Ultra のSIMロック解除祭りは終わっているので適用できる情報がない
    →Xperia Z Ultra のSIMロック解除が盛り上がっていたのは2014~2015年始めまでなので、当時のサイトを見ても必要なファイルがないことや、適用できないことばかり
  • 普通、Xperiaをアップデートしているので、2016年3月時点ですべての方法は対策され、塞がれている
    →ダイヤルからSIMロック解除、ツールを使ったROOT、すべて使えなくなっている
  • 従って、とんでもなく長い手順が必要。Windows10の設定から始まり、Xperiaのダウンロード、ROOT取得まで高度の知識が必要なのでオススメできない
  • Android 4.4 (KitKat) au SOL24 Xperia Z Ultra KK ECRMOD カスタムROM を導入するまでの手順を説明

準備編

  • Windows10を署名なしドライバがインストールできるように設定する
    1. Windowsキー→「PCの起動」で検索→PCの起動をカスタマイズする→今すぐ再起動する
    2. 青画面のスタートアップ設定で「7」を押す
      Windows10_スタートアップ設定_オプション
  • FlashToolをダウンロード。
    1. 0.9.19.10ではBASEBANDを除外するオプションが消えていたので、0.9.19.6をダウンロード
    2. インストール先の、Driverフォルダのドライバをインストール
    3. Flashmode DriversとXepria_Z_Ultrra_SOL24をチェック (このドライバに署名がない)
  • C6833_14.3.A.0.757_EURO-LTE.ftf をダウンロード
    1. Flash Toolの Source folderの中に入れる
  • SOL24_KK_ECRMOD_20140923_noroot.zip をダウンロード
  • sim-unlock.net から any network 対応(ちょっと高い)のSIMロック解除コードを買ってNCKコードをもらう (2-3日必要)
  • Android SDKのインストール
    http://developer.android.com/sdk/index.html の下の方のリンクからSDKのみをダウンロードしてインストール

    インストールするパッケージは Android SDK Tools, Platform-tools, Google USB Driver,Google Web Driver の4つ
  • JDKのインストール
    1. http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html →JDK DOWNLOAD→Acceptにチェックして32ビットならx86を、64ビットならx64をダウンロード、インストール
      このときにインストール先をメモしておくこと! (次の手順で使うため)
    2. 環境変数設定
      1. Win+Xで「環境」で検索→システム環境変数の編集→環境変数
      2. 新規を押して android SDK をインストールしたフォルダ内の tools と platform-tools , jdk のbin を追加

        同じWindows10でも環境変数が編集画面が1行だけの場合がある

        JDKの場所

        Android SDKの場所
  • ADBドライバのインストール
    ADBドライバは SONY PC Companion に入っている→PC CompanionはXperiaをPCに接続するとインストール画面が出てくるのでインストール
    見つからない場合→ http://www.sonymobile.co.jp/support/software/pcc/2.3/
  • XperiaをUSBデバッグモードにする (ADBドライバが入っている必要があるので、必ずADBドライバをインストールした後で行う)
    1. 設定→端末情報→ビルド番号を7回タップ→「あなたは今開発者になりました!」と表示され、「開発者向けオプション」が現れる
    2. 開発者向けオプション→USBデバッグON
    3. セキュリティ→提供元不明のアプリのインストールON

本番

  1. FlashToolでXFボタン→Xperia Z Ultra→C6833→1274-8613 HongKong Customized HK→14.6.A.1.236/R7Dをダウンロード
    14.6.A.0.368でも良いが、どちらもAndroid5.1
  2. [準備]で用意したC6833_14.3.A.0.757_EURO-LTE.ftfだけではFlash Toolに現れないので、先にダウンロードしたHK版のtorrentファイルをコピーして、名前をEURO-LITEに合わせてリネーム
    ftfだけコピーしただけではFlash Toolに現れないので、先にダウンロードしたHK版のtorrentファイルをコピーして、名前をEURO-LITEに合わせてリネーム
  3. 雷マークのFlashボタン→Flashmode→Wipeはすべてのチェック、PARTITIONにチェック→Flash
  4. この画面が出たら、Xperiaの電源を切り、音量ダウンボタンを押しながらUSBでPCに接続する。一瞬、LEDが緑→赤と光るので、ボタンから手を離してOK
  5. フラッシュ完了まで3-4分かかります
  6. おサイフケータイが使えなくてよければ、これで完了。MVNOのSIMを入れればSIMロック解除画面が現れますよ!
  7. ROOT化キットをここからもらってくる。ROOT化方法もここに書いてある
  8. なぜか KK ECRMOD カスタムROM はzip形式で提供されていて FlashTool でフラッシュできないのでルートを取ってリカバリツールをインストールする
  9. XZDualRecoveryをダウンロードして展開
  10. Xperia をデバッグモードで接続し、展開したフォルダ内の install.bat を実行
  11. メニュー1番の Installation on ROM rooted with Super SUを選択
  12. 終了すると Xperia が再起動し、Recovery Toolが起動するので Install を選択
  13. microSDにコピーした SOL24_KK_ECRMOD_20140923.zip を選択
  14. スワイプして Confirm Flash
  15. 処理が終わったあとで Wipe cache/dalvik
  16. 再起動時に root にするか、non rootにするか聞かれるので root を選ぶこと(この後のドコモプラスエリア化でrootが必要なため)
  17. LTEアンテナピクトが立ったAndroid4.4の状態
    image