トラックボールM570

症状

  • 左クリックがチャタリングする
    クリックしていないので範囲選択が解除されたり、何回もクリックされる
  • ロジクールマウスでは有名
    Googleで「M570 チャタリング」で検索

簡単な対応方法

修理方法概要と必要なもの

  • マウス内部のマイクロスイッチを交換する
  • ハンダ付け機材一式
  • トルクスドライバー
  • 半田吸い取り機があると失敗が少なく作業時間も短い

修理方法詳細

  1. OMRON D2FC-F-7N の購入

    急いでいなかったし、M570が複数あるのでAliExpressで5個$0.81(送料無料)で購入

    http://www.aliexpress.com/item/Free-shipping-5PCS-LOT-new-authentic-For-OMRON-micro-switch-D2FC-F-7N-mouse-button-fretting/32260926728.html
    2016/6/1に注文して7/1に届いた。いつもより2週間くらい遅い感じ。
     
    急いでいる場合はAmazonにもある
  2. 電池ケースのフタを外して電池のシールを剥がすとネジが現れる
      
    このネジはT5のトルクスドライバーで外れる

  3. ゴム足を剥がして、全部で5個のネジを外す (2のネジを含めて5個)
  4. 黒の部分を持ち上げるとフラットケーブルが外れる。赤丸部分が超弱くて折れやすいので慎重に! 壊した場合はページ最下部へ

    フラットケーブルを外したところ

    接点のゴールドの端子が見える方がトラックボールの右側ですよ
  5. 今回交換したのは左クリック側
  6. 接点復活スプレーだけでOKな場合もあるようなので、これ以降が面倒な人はトライしてみるといいかも! いまのところスイッチ交換と同等の復活状態です


    矢印のすき間からブシュッと!!

    Amazonで500円程度で入手できます。これは重宝するのでぜひ家庭に1本常備するといいですね!
  7. 基板を固定している4本のネジを外す
  8. マウス本体と電池のリードがつながったままで作業をする (外せるようだが、今回ははずさなかった)
  9. はんだ吸い取り機ではんだを吸い取る

    はんだ吸い取り機は1個あると超便利なのでおすすめ!

    吸い取り機がない場合はソルダーウィックを使う。取り付けホールが大きいので、それなりに頑張れば吸い取り可能
  10. 取り外したマイクロスイッチ
  11. 交換用スイッチの大きさ比較。矢印がオリジナル
     
  12. 新しいスイッチをハンダ付け。上にスイッチの白い部分がくるように取り付ける
  13. フラットケーブルを元に戻して修理完了
  14. トラックボールのホルダーがカバーから取れてしまった場合は、基板側に取り付ければOK
    この場合は2箇所でホルダーを支える場所があります!


フラットケーブルのコネクタを壊した場合の修理方法

  • 紙を挟んで密着度を上げる

    コピー用紙を3枚分の厚みにして差し込むとOKみたいです