2N7000で電子負荷を作ってみた

tumblr_n0e1cp3k2a1qzh9o1o1_1280 tumblr_n0e1cp3k2a1qzh9o1o2_1280 tumblr_n0e1cp3k2a1qzh9o1o3_1280 tumblr_n0e1cp3k2a1qzh9o1o5_1280 tumblr_n0e1cp3k2a1qzh9o1o6_1280

2N7000で電子負荷を作ってみた。Pd=200mW(MAX)なのは承知の上で5Vで150mAから400mAまで。室温20度、2N7000にはK型熱電対をテープで貼付けて測定。150mAで最高63℃、250mAで73℃、300mAで75℃。USBから電源を供給しているせいか、400mA近くは電源電圧が下がってしまい電流減少→温度低下になってしまった。100mA程度では温度変化は室温のままだったから小さな太陽電池の評価くらいなら使えるかもしれない。(ただし太陽電池の出力が2V以上必要)

コメントを残す