乾電池を放電容量の測定

IMG_8046

スケッチ

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  analogReference(INTERNAL);
}

float a,b;

void loop() {
  a=1.1/1024*analogRead(0)*1.5; //抵抗分圧分を1.5倍で調整
  b=a/11*1000;
  Serial.print(millis()/1000);
  Serial.print(",");
  Serial.println(a);
  delay(10000);
}

とりあえず10秒に1回測定。使いかけの電池だから100mA程度の負荷で1.02Vの端子電圧
抵抗値は固定なので端子電圧から電流がわかるので、あとは積分すれば放電容量になるという仕組み