我が家のPCの体感速度とPassMarkを比較したら何を買えば良いのか分かった

PassMarkというCPUのベンチマークを掲載しているサイトを知った
最近のCPUはクロックと体感速度が一致しなくなっているので困っていたところだ
とりあえず我が家のPCの体感速度とPassMarkが一致するか確認してみた

SONY VAIO VGN-CS52JB Core2Duo 2.4GHz

 


2009年04月発売モデルのVista世代にWindows10を突っ込んで使っているけど、Chromeで1通のGmailを開くのが10秒くらいかかる
イライラするレベル。ネットのブラウジング程度ならサクサクなので我慢して使っている。。電子工作(Arduino/mbed/Eagle)、オフィスの利用ではまったく気にならない

Cerelon G1610

▲今のデスクトップPCの前のマザーで使用していた。やはりGmailの1通ごとに2-3秒の待ち時間が多少気になる程度
電子工作(Arduino/mbed/Eagle)、オフィスの利用ではまったく気にならない

Intel Pentium G4400

現在のデスクトップPCで利用。Gmailサクサク。電子工作(Arduino/mbed/Eagle)、オフィスの利用ではまったく気にならない

Atom x5-Z8300

▲中華タブレット TECLAST X98 Plus IIで使用されているもの。Android側はサクサク、Windows側はGmailノロノロ&イライラ。
特に起動時のDropboxが致命的でCPUリソースを90%以上食い尽くすので、常時スリープで使うようにしている。

まとめ

中華タブレットがノロノロでストレスがあるのはCore2Duo以下の性能だったことがわかった。これは体感と一致する。
やはりPentium G4400は3.3GHzで速い速い!!

これから欲しいもの

▲Intel Apollo Lake Celeron N3450 Quad Coreな CHUWI LapBook でもWindowsのGmailはマッタリなのが予想できる。でも14インチだから使いやすそうだけどね。

最近の中華PC/タブのハイエンドが Intel Core m3-6Y30 に軸足を移しつつあるけど、これなら今のデスクトップPC並の快適さだということも分かる。これはSSDだから、eMMCのタブレットよりも速いだろうしね。

まとめると、m3-6Y30のコスパが良くなるのを待つべし。Celeron N3450に手を出すべからず。

ちなみに中華ノートでも$800ほどする Core i5-6200U だとこんな感じ

デスクトップ版Pentium G4400 @3.3GHz のコスパの良さがわかるだろう