Eagle8をインストールしてみた

スプラッシュスクリーンが登場して、ネット接続がチェックされるけど、一度チェックすれば30日はネット接続しなくてもOK

need to connect to the Internet every 30 days

商用利用が可能なコマーシャルライセンスが付与されている

自動的にEagle7の設定を引き継いでくれた

Eagle5,6,7はマイナーバージョンアップでも引き継いでくれなかったので便利さを実感

何が素晴らしいって、そりゃあ配線の信号名が表示されるようになったことだよねぇ

これでFTDIコネクタの向きを間違えることもなくなるだろう

Eagle7.6まではこうだったからね

追加機能で素晴らしいのがデザインブロック
登録した回路をダイアログから選んで貼付けできる

今までは回路図を閉じて→欲しい回路図を開いて→欲しい回路をコピー→閉じる→元の回路図を開く→貼付け!! という手順だったので、一気に簡単になった。

これならArduinoのリセット回路、FTDI周辺を登録しておけば物凄く便利だろうなぁ

パラネイズして10x10cmの基板を注文するときだけStandardにすれば激安で使えるってことかな?