ESP8266とATtiny85で2-4年稼働できるウェザーステーション

via ESP8266 on batteries for years – part 1 – Cron Blog – My personal findings

ファーストプロトタイプの実験でわかったことは下記のとおりだった

ESPのディープスリープを使ってWifiを切って起動することで16mA
欠点はフルキャリブレーション状態でWifiをonにすると3秒もんかかってしまいバッテリーロスが大きいこと
固定IPにすることで0.5秒短縮できる
理想的な状態でアルカリ単3電池(2000mAh)2本で温度・湿度・照度を2-4年間測定可能

必要な材料はすべてAliExpressから調達可能

ESP8266 12E Modules: 2$ at aliexpress

TSL2561 Breakout board: 1$ at aliexpress

SI7021 Breakout board: 2$ at aliexpress

AtTiny85 DIP mcu: 1.3$ at aliexpress

最終的なシーケンスは下記のとおり

  1. ATtinyはディープスリープで1秒ごとに起動して測定可能か調べる
  2. ディープスリープ2秒後、センサー起動
  3. センサーから読み込んでRAMへ格納
  4. ATtinyスリープ
  5. 1時間後(30回測定後)にESPを起動
  6. ESPはATtinyからすべてのデータを取得
  7. ESPはWifiに接続してPythonサーバーへrawデータ送信
  8. ATtinyのデータをすべて取得してデータ削除を確認
  9. ESPはディープスリープ
  10. ATtinyは1の動作へ戻る