ラズパイ似の Tritium は買いなのか

via Tritium: Quad Core ARM Computer with Android/Linux for $9(1019円)+ by Libre Computer Project — Kickstarter

GIGAZINEより引用

・「Tritium IoT Special」 9ドル(1019円)(約1000円(11万3280ドル)):Tritium 32bitクアッドコア・1080P/60FPS・512MB RAM・Linux Only、送料9ドル(1019円)(約1000円(11万3280ドル))
・「Tritium 1GB Special 」 19ドル(2152円)(約2100円(23万7888ドル)):Tritium 32bitクアッドコア・4K/30FPS・1024MB RAM・Android/Linux、送料9ドル(1019円)(約1000円(11万3280ドル))
・「Tritium 2GB Special 」 29ドル(3285円)(約3300円(37万3824ドル)):Tritium 64bitクアッドコア・4K/30FPS・2048MB RAM・Android/Linux、送料9ドル(1019円)(約1000円(11万3280ドル))

狙いはAndroid7で動くSBCって感じだ。それが魅力的な人は Tritium 2GB Special $29(3285円) だろうし、安いラズパイが欲しい人はTritium 1GB Special で$19(2152円)かな

注意すべきは無線LANがないこと、これについては Why did you not add onboard WiFi or Bluetooth?として答えていて

The certification process for single board computers with radios is incredibly painful and long. We want to make this product as convenient as possible to procure in any country so we refrained from adding radio components. Additionally, the performance of onboard radios are generally poor while USB dongles are cheap, certified in many countries, and offer better performance.

確かに無線は認証プロセスが大変&時間がかかることがネックなんだね。ラズパイ3を合法的に売り出せるまでには時間がかかったしね。

USBの無線LAN&Bluetoothアダプタは安いから、稼働させる国の認証を通ったものを接続するほうが早いのだろう

ラズパイと完全互換で低価格なのに高性能でAndroidもサポートするシングルボードコンピューター「Tritium」 – GIGAZINE

個人的には様子見かな。ここからコミュニティが Tritium をどのように育てていくかだね