Arduino Uno の電力消費量を95%減らす方法

ATmega328単体に等しいArduino Pro Miniだと消費電力は最小まで引き下げられるけど、Unoだとどれだけ下げられるかという実験

レギュレータを変えてみる

DCジャック経由だと12V→5Vという最大のロス(58%)が起きるのでTSRN-1-2450に変えてみる

State LED off LED on
BaseUNO 53mA 55mA
Traco DC-DC 27.5mA 28.5mA

これだけで48%も減ってしまった

USBシリアルコンバータ

シリアルのRX/TX LEDのラインをカット

State LED off LED on
Base UNO 53mA 55mA
USB power the UART 29.2mA 31.5mA

44.7%の削減

パワーLEDインジケータ

常時点灯しているパワーLEDを消してみる

State LED off LED on
Base UNO 53mA 55mA
Disconnect LED 46mA 48mA

7mA削減

ぜんぶまとめて実施してみる

State LED off LED on
Base UNO 53mA 55mA
No LED, USB, Traco 12.3mA 13.2mA

76.8%の削減

まとめ

プロトタイプとデバッグ用にだからこそUnoのフォーマファクタと柔軟性が生きるのに、それを全部殺してどーするって感じもするけど、こういうチャレンジは好き

本人も最初にTL;DRって書いているしね。でも、レギュレータくらいは変更してもいいかもね。