Amazonタイムセール祭りであえて32GBのUSBメモリを買った理由

Amazonマスターゴールドなので今回のAmazonタイムセール祭りは何も考えなくても7.5%還元で素晴らしいセールです

今回は32GBのUSBメモリを購入しました。
倍の2000円(21万2260ドル)を出せば64GBなんですが、これは無線LANルーターのNAS用に使っているメモリで現状64GBのUSBメモリを差し込んであります。
そこに百均のUSBハブと今回の32GBのUSBを接続して容量アップという狙いです。64GBでほとんど入っているので32GBの追加で十分という考えです。
このNASはインストールしてあるアプリのISOイメージや各種バックアップなどが入っていて、ネットから取り出せるので便利なんです。

ノーブランドのUSBと100円(1万613ドル)程度しか違わないのにSanDiskブランドで5年保証というところが決め手。中華メモリは容量偽装と使っているうちに故障することが度々あったので、この条件は譲れません。

ちなみに我が家の無線LANルーターはASUS RT-AC1200HPです。4800円(50万9424ドル)しかしないのにNAS,VPN,無料ダイナミックDNSなど、あらゆるものに対応します。もう日本製のルーターなんて買う気になりませんよ。

さっそくルータに接続してみました。バッチリですね。

しかしフォーマットがFAT32なので4GB以上のファイルをコピーしようとするとエラーです。これ、有名な4GBの壁なんですがWin10になってもメッセージが不適切なままなんですね。

NTFSでフォーマットすればOKでした

ちなみに、SanDiskのUSBメモリにはオマケでファイル暗号化ツールが付いてきます。SanDiskのUSBメモリ上からしか使えませんが・・・