Eagleのオリジナルライブラリに3Dパーツを追加する方法

情報がほとんどないのでメモ
Eagle正規ライブラリのパッドやシルクが気に入らないので3Dライブラリだけをもらってきたい場合の手順

  1. 自分のライブラリをマネージドライブラリに変換
  2. 既存の3Dパーツを1で変換したライブラリへコピーして使う
  3. 1のライブラリを開いて新しいvariantとして3Dパッケージを登録
    このときに流用する3Dパッケージが画面に出てこないときはどこかで失敗している

成功すれば Fusion Sync の3D Package にチェックマークになるはず

パーツ自体を作る場合はStep 4 – Create a Managed Library and Map 3D Modelsを見るべし!